シンプル、軽量なディストリビューション

Arch Linux のウェブサイトにようこそ。Keep It Simple を標榜する、軽量で柔軟性に優れた Linux® ディストリビューションです。

公式パッケージは x86-64 アーキテクチャに最適化されています。さらに公式パッケージを補足するものとしてコミュニティによって運営されているパッケージリポジトリがあり、日々、その質量ともに成長しています。

Arch Linux の強固なコミュニティは多様かつ助けになり、広範なスキルセットと、それによって Arch を利用していることに誇りを持っています。フォーラムメーリングリストを見て参加してみて下さい。Slack で Arch ユーザーと会話することもできます (誰でも自由に参加できます)。また、Arch について知識を深めたいと考えたのであれば、ArchWiki も覗いてみましょう。

もっと詳しく...

最新ニュース

linux-firmware 20220119.0c6a7b3-2 は kernel >=5.3 が必要になりパッケージが分割されます

2022-01-21

linux-firmware パッケージ 20220119.0c6a7b3-2 はカーネルファームウェア 圧縮を実装しました。Linux kernel は 5.3 から xz で圧縮されたファームウェアの 読み込みをサポートします。
CONFIG_FW_LOADER_COMPRESS カーネルオプションを有効にする必要があります。全ての公式 Arch Linux カーネルはこのオプションを既に有効化済みです。[1]

linux-firmware パッケージは、必要とするディスクスペースをより減らすため、 より小さいパッケージに分割されました。珍しいハードウェアのためのいくつかの 大きなファームウェアファイルは別のパッケージに分割されました。
これは Mellanox Spectrum のスイッチ、Marvell のデバイス、 Qualcomm の SoC、Cavium LiquidIO のサーバーアダプタ、QLogic のデバイス、 Broadcom NetXtreme II 10Gb ethernet アダプタのファームウェアに影響を与えます。
必要であれば、追加のファームウェアパッケージをインストールするようにしてください。[2]

[1] FS#72899
[2] FS#72559 + svn commit

libxml2>=2.9.12-6 への更新は対応作業が必要です

2021-12-27

バージョン 2.9.12-6 以前の libxml2 パッケージは、コンパイルされた python モジュールが含まれていませんでした。この問題は 2.9.12-6 で修正され、自動作成された追跡されていない pyc ファイルを更新時に上書きする必要があります。更新時に以下のようなエラーが出た場合、

libxml2: /usr/lib/python3.10/site-packages/__pycache__/drv_libxml2.cpython-310.opt-1.pyc exists in filesystem
libxml2: /usr/lib/python3.10/site-packages/__pycache__/drv_libxml2.cpython-310.pyc exists in filesystem
libxml2: /usr/lib/python3.10/site-packages/__pycache__/libxml2.cpython-310.opt-1.pyc exists in filesystem
libxml2: /usr/lib/python3.10/site-packages/__pycache__/libxml2.cpython-310.pyc exists in filesystem

以下のコマンド

pacman -Syu --overwrite /usr/lib/python3.10/site-packages/__pycache__/\*

を使用して更新を実行してください。

古いパスワードハッシュの整理

2021-06-08

libxcrypt 4.4.21 から、弱いパスワードハッシュ (MD5SHA1 など) を新しいパスワードで使用できなくなります。まだ弱いハッシュで パスワードを保存しているユーザーは、次のログインでパスワードを変更するように 求められます。

もしログインに失敗する場合 (例えばディスプレイマネージャーを使用している場合) は、仮想ターミナル (Ctrl-Alt-F2) に切り替えて、一度ログインしてください。

公式 IRC チャンネルの libera.chat への移動

2021-05-24

ここ最近で読んだことのある人もいるかもしれませんが、freenode.net ネットワークで所有権に関する論争があります。この IRC ネットワークは Arch Linux と他のたくさんのプロジェクトにより、過去何十年もの間議論とサポートのためのプラットフォームとして使用されてきました。 論争はほとんどの freenode スタッフのネットワークからの流出を招き、新しいネットワークを立ち上げました: libera.chat

今日から、Arch Linux とその姉妹プロジェクト Arch Linux ARMArch Linux 32 は公式 IRC チャンネルを freenode.net から libera.chat に移行します。完了するまでには少し時間がかかるかもしれませんが、ご了承ください。

私達は、freenode コミュニティの長期間にわたるよいサービスと協力に感謝しています。

インストールメディアにインストーラが付属するようになりました

2021-04-01

インストールメディアにガイド付きのインストーラが含まれるようになりました。

このインストーラを使う場合のサポートについては (インストールガイドに基づく) デフォルトのインストール方法と他のインストール方法の関係とあまり変わりません。

インストーラを使ってインストールする場合にサポートを求めるときは、インストーラを使っていることを明示し、必要に応じて archinstall のログを提供するようにしてください。

昔のニュース

2021-02-19
mkinitcpio のデフォルトを Zstandard イメージに変更
2021-02-03
Chromium は3月上旬に同期サポートを失います
2021-01-28
PHP 8.0 と PHP 7 レガシーパッケージが利用可能です
2021-01-14
マニュアルページ索引サービス
2020-12-31
Arch Linux メーリングリストの ID の変更
2020-11-01
アクセシビリティ機能付きインストールメディア
2020-10-23
libtraceevent>=5.9-1 への更新は対応作業が必要です
2020-10-21
nvidia 455.28 は linux >= 5.9 と互換性がありません
2020-10-01
ghostpcl>=9.53.2-2 と ghostxps>=9.53.2-2 への更新は対応作業が必要です
2020-09-23
Arch Conf 2020 のスケジュール

最近のアップデート (もっと見る)

pyalpm 0.10.6-4x86_64
popt 1.18-3x86_64
json-c 0.15-3x86_64
zstd 1.5.2-2x86_64
archboot-arm 2022.01-86any
archboot 2022.01-86any
sundials 6.1.0-2x86_64
jack-example-tools 1-3x86_64
electron14 14.2.5-1x86_64
umockdev 0.17.6-1x86_64
oil 0.9.7-1x86_64
bolt 0.9.2-1x86_64
drone 2.9.1-1x86_64
drone-oss 2.9.1-1x86_64
electron15 15.3.6-1x86_64