net-tools の廃止

次の4月で最後の net-tools のリリースから10周年となります。私たちはこの機会に net-tools を取り払って、net-tools と同じ機能を提供する別のツールを使用することを決定しました。影響範囲は多少ありますが、大抵の人は気づかないでしょう。

net-tools は公式リポジトリに残るため、net-tools に依存するスクリプトは今後も動作するはずです。

rc.conf

net-tools の代わりに iproute2 を使って簡単なネットワーク設定をするための新しい構文が rc.conf に取り込まれました。旧機能もなくなりはしませんが、新しい機能は期待しないでください。

新しい構文は非常にシンプルで (静的または dhcp による) 有線ネットワークデバイスのみサポートします。将来的に機能を追加する予定はありません。networkmanagernetcfg などの高度なネットワークソリューションを使用することを推奨します。

domainname (別名 nisdomainname または ypdomainname)

バイナリは net-tools ではなく yp-tools によって提供されるようになります。さらに、initscripts によってドメイン名が設定されることはなくなり、ypbind の rc スクリプトによって扱われるようになります。

これまでドメイン名は /etc/conf.d/nisdomainname から読み込まれたり /etc/defaultdomain が使われたり一貫性がありませんでした。今後はドメイン名は /etc/conf.d/nisdomainname からのみ読み込まれることになります。